吉野家のうな重が普通に美味しかった件

どうも。

貧乏リーマンことSSTMです。

マクドナルドにしろ、吉野家にしろ、外食を一人で食すのは基本的に株式優待がある時しか行かない僕が、

吉野家の300円優待券×3を株投資をやってる人から頂いた。

知人「金に困ってんだろ?やるよ、この吉野家の優待券。」

僕「あざーす!!!」

知人「3枚で1000円でいいよ。」

僕「あざーす!!!」

算数が苦手な僕だが、差し引きで100円損している気がしなくもないが、

僕はその不平等条約を呑んだ。

福井県に三つくらいしかない吉野家を必死の思いで探し出し、

僕はようやく不平等条約で手に入れた、優待券を使う事に成功する。

丑の日とか言ってたので、僕はうな重が食べたかったので、うな重を頼むことにした。

僕「うな重のご飯大盛りトン汁セットで。」

店員「トン汁は+100円だけど、お金大丈夫???」

僕「はう!!!プ、プラス100円だと・・・!!!」

トン汁で+100円とは、黒田総裁のインフレ作戦もうまくいってるに違いない。

頼んでからパズドラでもしようかと、スマフォに手をやると、

店員がすぐに戻ってきて、うな重セットを置いてくれた。

早すぎるだろ!!!!!

どう考えても僕がうな重セットを頼むと予想し、車から降りた段階で用意していないと、

このスピードは無理だろ!!!

さすが、吉野家。きっとアプリとかそんなので、先読みしてるんだろう。すげぇぜ!

そんで一口食べて思ったのが、

あれ?

普通に美味しい。

5000円くらい払って食べたうなぎとあんまり値段の差がわかんない。

これ綾鷹と急須で入れたお茶の見分けがつかない職人さんと同様の事件が起きちゃう。

いや、トン汁もうまいしうな重もうまいし、これで1000円かからないだと!?

5000円のうなぎを我慢すると、吉野家だと5食分食べれるという、すさまじい発見をしてしまった。

これは学会に激震が走るだろう。

久しぶりに吉野家行ったけど、本当美味しかったなぁ。

ダウンロード
吉野家1年チャート

吉野家の株主優待は100株で300円食事券×10枚=3000分 なので、

優待もおいしい。

吉野家 財務

業績もここにきて回復基調になっている。

外食産業はコンビニとの争いになりそうだが、

むしろコンビニと併設するくらいの気兼ねで、吉野家には新しい事に挑戦してほしい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする