自動車産業がこれでまた飛躍する?TPPによる関税撤廃。

車部品の関税5割超を即時撤廃 TPP日米協議

環太平洋経済連携協定(TPP)を巡る日米の2国間協議で、

米国が日本製の自動車部品にかける輸入関税のうち、

全品目の5割超がTPP発効後すぐに撤廃される見通しとなった。

残る部品についても大半の関税を10年以内になくす方向だ。

日米両政府は懸案のコメと併せ、今月末の閣僚協議で最終決着を目指す。

ソース:http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS22H3N_S5A720C1MM8000/?dg=1

これは、自動車産業にとっては非常に嬉しいニュースだろ。

TPPでアメリカ向けの輸出が伸びるんでない?

関税がかかって割高になっていた点が解消されるんだからさ。

このニュースでTOYOTAとか反発するのだろうか?

今日の相場が気になるな。。。

それ以外でも食料品系でも関税の撤廃が始まる可能性があるので、

逆に輸入品の関税撤廃で日本製のものが打撃を受けるケースもあるだろうから、

TPPの内容を理解しておかないといけないな。。。

基本的にはアメリカと日本のこれまでの貿易事情っていうと、

不平等条約をさせられている感があるので、

TPPは日本の成長にとってはプラスで、

日本の農業にとっては大きな転換点になるんだろうなぁ、って思ってます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする