Airbnbは旅館業法許可が必要って事になっちゃいました。福岡県のせいで。

ども。

Airbnbってサービス知ってます?

これは、誰でも簡単に家を貸すことができるサービス。

県外や海外に遊びに行った時にホテルじゃなくて普通の民家に宿泊する事が出来る。

空いてる部屋を貸したり、家を空けることが多い人は自分の寝室を貸すだって出来る。

それって大丈夫なの?って思うじゃない。

知らない人を家に泊めてさ、普通に恐いじゃない。

そこらへんは自己責任な訳。

借りる方は、ホテルよりも安上がりで、地元の人の生活に触れることが出来るメリット。

貸す方は、収入が発生し、旅人の話が聞けるメリット。

と、両者にメリットは存在して、このサービルは広がりを見せている。

 

で、日本だとこういう「ゆるい」感じのサービスが大嫌いで、

「何かあったらどうするんだ?」

っていう事を言い出します。

自己責任といえど、そんなサービスしていたら貸し出す近隣の家の人にも被害が及ぶ可能性がある、ってね。

もう被害妄想させたらどこまででもいくような人達なんだけど、

福岡県の県議会が正式に福岡県に、「どうなの?」って問いただした訳。

そんで、まぁ正式なこというと、旅館業法許可が必要ですね、って話になってしまい、

日本では旅館業法許可が必要になる可能性が非常に高い。

こんなもん、どっかが前例作ると基本はみんな合わせるので日本でAirbnbが流行る可能性はなくなった感じ・・・。

こういう新しいサービスが生まれて、それをどうやって規制しようか考えている人とかってさ、

「景気を良くしよう!」とか、表面的にはそういう事言ってるのに、

雇用なくしてるのってそういう人なんだよ。

どちくしょうってやつだね。

インターネット規制しようってのも、それに近いよ。

規制して日本はどうやって世界的に戦うんだよってね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です