任天堂、難局攻略へ痛手 岩田社長急逝で司令塔失う

任天堂は13日、岩田聡社長が11日に胆管腫瘍で死去したと発表した。

6月26日の株主総会で再任されてわずか2週間後の急逝だ。

岩田氏は「ニンテンドーDS」などのゲーム機をヒットさせ一時は株式時価総額を10兆円まで

伸ばした。スマートフォン(スマホ)ゲームに押されるなか業績回復を目指す矢先の死。

「カリスマ」亡き後の任天堂はどこに向かうのか。

ソース:http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ13HYD_T10C15A7EA2000/?dg=1

任天堂の岩田社長がお亡くなりになられたんですね・・・。

もうね、ニュース見て目ん玉飛び出る驚きだったよ。

病気って事全然知らなくて、

任天堂のゲーム好き精神のために、スマフォゲーム化を最期まで見送ってきた人。

結局と言うか、スマフォゲームとしては、

DeNAと提携して、任天堂のIPを使用した形で参戦する事になったんだけど、

儲かる話に飛びつかないのが、

ゲーム好き所以で、ゲームそのものの在り方を重視したんだろうなぁ。

この報を受けて、

任天堂株は上昇、DeNA株は下落している。

投資家の思惑としては、

スマフォ進出を嫌がっていた岩田社長がいなくなり、

任天堂単体でのスマフォゲームへの進出の可能性が出てきたからだろう。

これ、全然有り得る話で。

株主総会でも結構言われているだったみたいだし。

まぁ、個人的には痛手でしかないかなぁ、って思うけど。

経歴のまとめ見ると相当な天才っぷりがわかる。

日本としても惜しい人をなくしたんだなぁ・・・。

任天堂の社長「岩田聡」の天才っぷりがわかる逸話

多分、スーファミ世代の1980年代生まれは、少なからず岩田さんがかかわったゲームを

やってると思うよw

あっ、これもなんだ、それすげぇ好きだった。ってゲームは岩田さんが作ったとかいうのも珍しくない。

今後任天堂がどういう会社になっていくかだなぁ。。。

なにはともあれ、岩田社長お疲れさまでした。

ダウンロード
任天堂 2日チャート

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする