東芝の粉飾問題もクライマックス。今後「工夫しろ。」って言葉は組織の中では使えない。

どうも。

東芝問題がクライマックスに近づいてきている気がします。

証券取引等監視委員会は、

東芝の不適切会計を調べている第三者委員会が21日にも報告書を出すのを待って本格的な調査に入る。

利益の減額修正幅などから投資家への影響の大きさを見極め、

課徴金などの行政処分が必要かどうか検討する。

田中久雄社長が損失計上先送りを実質的に指示していたことも判明。

第三者委はトップが関与していたと判断し、

田中社長の辞任は避けられないとみている。

ソース:http://www.nikkei.com/article/DGXLASGD10H55_Q5A710C1MM8000/?dg=1

何やら、社長が役員連中に売上未達やらについて、

社長「工夫して何とかしろ」

役員A「工夫って言ってもなぁ・・・」

役員B「売上の計上は工夫じゃ増えないっての(´∀`)」

役員C「でも、工夫しないと納得してくれないぜ、社長」

役員A「工夫ってもしかしてさ。」

役員B「・・・数字いじれってこと?」

役員C「それ粉飾じゃん。」

役員A「でもやれって言ってたし・・・」

って感じの流れになり、

粉飾決算については社長に指示された、という方向になってきている。

ライブドア事件の時も、

社長である堀江さんが部下に対し、

「何とかしろ。」って言葉をかけたらしく、

その状況下では、粉飾する以外に方法はなく、

判例で粉飾の指示を堀江さんが出した、として堀江さんの実刑が言い渡された。

東芝もオリンパスもライブドアと比べ物にならないレベルの粉飾だけど、

どっちも厳重注意とかで終わりそうだよな。

社長は辞任だろうけど、どれは内部での話だし。

ライブドア事件以来、粉飾=実刑 って意識があったけど、

ここ最近は、粉飾=怒られる ってくらいに変わってきている。

誰も東芝が上場廃止になるなんて思ってないだろうし。

それこそ、上場廃止になろうものなら、東芝ショックで日銀の努力を吹き飛ばすからね。

でもそれじゃライブドアだけ可哀想だから、

ここはギリシャをならって、判決については国民投票で決める事にしよう、うん。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする