中国政府の歴史的な対応で上海総合指数は大幅高

米国株、反発 ダウ33ドル高、中国株の下げ止まりや欧州株高で

9日の米株式市場でダウ工業株30種平均は反発した。

終値は前日比33ドル20セント(0.2%)高の1万7548ドル62セントだった。

中国株の下げが一服したほか、欧州株も堅調に推移したことで投資家心理が改善。

米市場でも株式を買う動きが優勢となった。

ダウ平均は朝方に上げ幅を249ドルまで広げる場面があった。

9日の中国市場では上海総合指数が6%近く上昇した。

日経平均株価などの日本株も堅調に推移し、

米市場でも投資家がリスクを取りやすくなるとの見方から株式への買いが広がった。

ソース:http://www.nikkei.com/markets/kaigai/summary.aspx?g=DGXLASB7IAA05_10072015000000

ども。

今回の中国の対応は歴史に残るものになりますね。

もう新規の投資家とか、外資とか怖くて中国に投資できないだろ。

アメリカも250ドル高から最終的33ドル高で引けたし、まだまだ中国リスクが大きい。

ギリシャ問題が好転し、

世界経済に少しでも希望が見てくると嬉しいんだけど、

国民投票から全然進展してなくない?

もうこの双竜のごとく君臨する問題を一つずつ片付けないと、世界経済頓挫しちゃうよ。

日経も危うく19000円きるとこだったし。

つーか、日経弱すぎるだろ!!!!アメリカとか全然下げてないのに、

日本はその2倍3倍下げたがるからな・・・。

この俺たちの日経感がめちゃ懐かしいよ。

これは何か悪材料出ると18000円代まで押し戻される可能性高いな。

ここらで手じまいして、傍観モードに入るべきか。。。悩むな。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする