ギリシャの国民投票はNO!!!これからギリシャはどうなるの?

国民投票ってただの国民の意思だからね。

そりゃEUに残れて、緊縮財政も嫌だ!!!ってんなら、

国民投票はNO!しかないよね。

僕はチプラス大統領が買い場を用意してくれたのだと思っているけど、

そうだろう?大統領、早い段階で妥協することを信じているよ。

ノーポジだった僕としては最高だったのだけれど、

ここで中国はんも一緒に・・・だったらもう言うことない買い場だったのだけれどね。

中国はえげつない官制相場で、

ギリシャを無視して上げおったよ。

とんでもない奴じゃよ、中国は。

さてさて、今後の世界経済の動きはどうなっていくのだろうね。

欧州の問題は、ここできっちり実現可能なギリシャ支援を決定しちゃって欲しいよね。

前回は背水の陣で、不平等条約をのんだんだろうけど、

今のギリシャには失うものはないからね、捨て身でくるよ。

ドイツのメルケルはんはダメ息子にお金を貸す思いでさ、少し緩和しよう?

つーか、緩和って言葉知ってる???メルケルはん。

ここからギリシャ協議始まるんだろうけど、

ギリシャ「国民の思いは財政緊縮嫌だってさ(´∀`)!!!」

ドイツ「うん、それで?( ゚д゚ )」

ギリシャ「えっ、いや、一応伝えておこうと思って(´・ω・`)」

ドイツ「うん、それで?( ゚д゚ )」

ギリシャ「・・・お金貸して下さい(´・ω・`)」

ドイツ「うん、条件は知ってるよね?( ゚д゚ )」

ギリシャ「・・・はい(´・ω・`)」

こうなる事はみえみえだよ。

いつだって、貸し手側に分があるんだよ、、、ギリシャさんよ・・・。

でも、よく言われてるけど、

ドイツはギリシャのEU離脱は嫌だと思うのよ。

結束が損なわれるっていうのは、

EUみたいな烏合の衆を束ねるドイツとしては嫌だと思うんよ。

だから、

ドイツ「・・・お願い、もう出て行って・・・?」

なんて事は言わないと思うんだ。

言ったら鬼だよ。

あまり今の相場は深追いせず、傍観者ポジションが良いかもしれんのぉ(´・ω・`)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする