中国株の下落の理由は?今後どうなるの?

中国の株価がこのところ激しい値動きを見せている。

上海証券取引所の株価指数、上海総合指数は、先月までの1年間で約2.5倍に急上昇した。

しかしそれも6月12日をピークとして、その後急速に下落。2日の終値で、

下落幅は約25%に達した。時価総額では200兆円ほど目減りしたことになる。

先月、大手金融機関のストラテジストらが、中国株はバブル状態にあると警告していた。

もしもバブル崩壊となれば、訪日中国人の「爆買い」に影響があるかもしれないとの観測もある。

ソース:http://newsphere.jp/world-report/20150703-2/

 

Mchart-mchart
上海総合指数10年チャート

 

上海株って、最高値でもリーマン前に到達できていなかったんだね。

できてないのって中国くらいじゃね?アメリカも日本も欧州も、みんなリーマン前水準になったのにさ。

今回の下げの要因は、

景気事情ってよりも、個人投資家の事情が大きいっていう見方がちらほらあって、

中国は個人投資家がさかんらしいけど、その中でも信用買いが多いみたい。

それで、信用買いによる破産者が増えた事より、

信用買い制度のレバレッジ率や、条件を規制し始めたんだけど、

それが裏目に出ちゃって、もともと買えていた投資家も規制によって

売らざるを得ない状況が出てきてしまい、売りが売りを呼ぶような形で、

どんどん売りが膨らんでいった・・・・、とか言ってるけど、まじか???

それでこんな下げ方するか?

確かに中国は人口多いから、個人投資家次第では相当額になるかもしれないけど、

それだけが要因ではないんだろうなぁ。

まぁ、欧州のギリシャ問題がうきぼりになって、

不安煽りを受けて、、、ってのもあるか。

 

別に中国株を狙ってる訳ではないんだけど、

このまま日本株触っていてもいいのだろうか?って不安があるのでね。

個人的に、中国の下げは根本的な問題はなさそうなので、

ある程度で下げ止まりするんだろうなぁって緩い見かたでいきます。

ので、

リスクオンだなぁ、、、ギリシャの国民投票で一度「NO」を出してくれると、

いい買い場が出来て最高なんだけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です