タケオキクチのワールドが早期退職500人募集。500人って全社員の4分の1なんだぜ。

資産運用

ワールドは全社員の4分の1にあたる500人の早期希望退職を募る。

40歳以上を対象に9月末をメドに人員を削減する。

同社は過剰な出店や価格競争の激化で業績が低迷していた。

このため2016年3月期に全店の約15%にあたる400~500店の閉店を決めた。

ソース:http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ26I5K_W5A620C1TI5000/?dg=1

 

これ、僕みたいな凡夫な社員だったら確実にその4人の1人に該当しちゃうよ。

恐ろしいぜ・・・。

ワールドってのはアパレルのメーカーで、有名なのだとタケオキクチとかかな?大型ショッピングモールとかにも入ってるしね。

タケオキクチが狙っている年齢層は微妙だけど。

 

僕個人が結構服が好きなんだけど、ワールドのブランドは基本的に好きじゃなかったので、

「やはりか」という感じ。

「タケオキクチ」にしても、低ブランド路線の兄弟ブランド「TK」にしても、

どこかあまり好きじゃないんだよ。

値段の割にカッコいいか?って感じでさ。

こんな事言うと、後だしじゃんけん野郎!砕け散れ!って罵倒されるかもしれないけどさ。

 

アパレル関係ではスタートトゥデイ(ZOZO)の一強か。

ユナイテッドアローズとかも頑張ってるけど、利益は右肩上がりではない。

ZOZOはオンラインに特化しているので、スマフォ普及の恩恵もあるんだよなぁ。

新しく始めたWEARっていうサービスはアパレル業界の反感を買って、事業としてはうまいこといかなかったけど、

WEAR自体は結構流行ってるし、ファションSNSとしては大成功の分野なんでしょう。

今後、素人のWEARニストと契約して、どんどんWEARを盛り上げていく気まんまんだし。

 

ワールドも従業員を減らしてきているけど、

全体の社員数が2000人でスタートトゥデイはそもそも642人しかいないからね。

ここも実店舗・ブランドを持たない強みで利益率の源泉なんだよな。

会社の運営に必要な人数が少なくてすむ時代がきてんだよなぁ。

特にアパレルとか、これまで人海戦術的な分野はどんどん人件費削減で、

リストラは続きそう。

景気はよくなっているけど、失業率も一緒に上がってちゃうやつ。

今のアメリカはんがそんな感じなのではないのだろうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました