借り手側のギリシャが意味不明な強気/ギリシャがデフォルトしたらどうなる?

ギリシャがもし「アフリカ」や「中東」になったら?

ギリシャのGDPは、約1830億ユーロほどで、

これはドイツの大手自動車メーカー、フォルクスワーゲン1社の売上高2020億ユーロ(2014年度)よりも小さい。

国としての規模がこうなのだから、デフォルトの影響など、微々たるものであることは、世界の投資家は知っている。

こういう言い方をすると、お叱りを受けるかもしれないが、

ドイツはあえてリスクをあおってユーロの価値を低いままにしておき、

輸出で膨大な利益を上げているといわれても仕方ない。

また、投資家もわかっていながら、トレードの「おもちゃ」にしているだけではないか。

すでにギリシャのユーロ圏離脱は、投機家の間では100%の事実といってもいいくらいだ。

だが、強欲な彼らは、離脱時の一瞬の下げの利益を獲ろうとしているに過ぎない。

ソース:http://toyokeizai.net/articles/-/74098

ギリシャ問題が長引いていますな。

救済側のギリシャの財務相がかっけぇって話題になってるけど、

かっけぇし、何か偉そうだしで助けられてあげてる感さえあるからね。

この足の組み方は確信犯だよ。

it5_nITEiSX4

影響が小さいってあるけど、それってリーマンショックの時も同様な見方されていたよね。

でもいざリーマン破綻したら想定以上の影響が出て取り返しのつかない状況に・・・っていう。

ギリシャの問題もGDPで見ると小さいけど、ギリシャが借りているEUの銀行さんは、

財務気質が良好なとこだけではないし、ギリシャのデフォルトが起因して、銀行の財布のひもが固くなり、

連鎖的に金融マヒ、って事は普通に有り得ると思うし、ドイツとしては万が一にでもその可能性があるなら、

ギリシャのEU離脱は何が何でも阻止すると思うのよ。

だって、ドイツにしてみたらギリシャ支援額なんて対した額じゃないし、

メリットデメリットでいくと、ギリシャを支援すると思うんだよ。

ただ、今回の場合は立場的にギリシャ側の要求を鵜呑みに出来ないから長引いてるだけだと思う。

第二次世界大戦の敗戦国である日本がアメリカに、

「俺たちの救済条件はこういう条件にしてくれ、じゃないと絶対ハンコおさねぇ・・・!!!」

とか言ってるのと同じだからね。

アメリカからしたら顔面パンチもんだよ、それ。

個人的にギリシャのデフォルトはないと思うので、

この弱気相場で少し日本株を買いに回りたいです。

買うのは建設資材関係で、前田工繊を中心とした中小株っすね。

化学系が妙に弱いので手を出さずにいきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする