ペッパー君はベイマックスになれるのか。ソフトバンクの挑戦。

bc407fb137503804e295313d72564b44-e1417095060662

白いすい星こと、ベイマックス。

昨年12月にロードショーされ、子供から大人まで、

彼のひたむきな優しさに涙した。

もちろん、僕もその一人だ。

ベイマックスというのは、映画で出てくるヘルスケアロボットの事なのだが、

通信サービスのワイマックスとは何一つ関係ない。

このロボットは身体にはおそらく害のないスキャン光線で、

相手の体の組織構成を把握し、アレルギーから将来発症の可能性がある病気まで教えてくれる。

これで好きな子をスキャンしてもらい、データだけ頂くっていう方法は、、、、おそらく違法だろう。

こんな素敵なまるでドラえもんみたいな奴がいてくれたら・・・・僕も・・・!!!

みたいな、心を閉ざした少年さえも更生させてしまうような素敵な奴なのだが、

こんな素敵なロボをソフトバンクは発売するとの事だ。

mv_pos1_000

そう、ペッパー君だ!!!

値段は19.8万円で、その他アプリ等々で課金する仕組みになるんだと思う。

こいつの足の部分は掃除機なの?って思っていたけど、違うみたいだ。

近頃ペッパー君が派遣等に利用されており、時給1500円でティッシュ配り等をやってくれる。

たしかに話題性があるが、おらは可愛い子からティッシュを貰いたいので、ただちにやめてもらいたい。

さて、このペッパー君はベイマックスになれるのだろうか。

少し前にロボットの犬がはやったが、ペッパー君も時代の先行投資的なポジショニングで終わるのでは?

と、僕は不安だが、そう、今はアプリの自動更新が楽になってる。

次々とアプリが開発されれば、ペッパー君はどんどん何でもできるガチャピンみたいになっていく。

というか、ガチャピンも同様の構造なのでは?と疑問を覚えてしまった。

何にせよ世界に先駆けてこういうロボットを出したのはでかい。

これから日本は介護大国になるから、

介護ロボは必須だからね。

そこを量産型ペッパー君28号的なのさえいれば、百人力だ・・・!!!

インターステラーって映画でも愛きょうのあるモノリスみたいなロボットが出てきたけど、

どんどんSFの世界に現実が近付いているなぁ。

ちなみに、ベイマックスはスーパーロボット大戦にもオファーが来てるとか来てないとか。

追記だけど、

ヒト型ロボ「ペッパー」1分で完売 ソフトバンク

との事で、ずいぶん幸先が良さそうな感じです。

さすが、孫社長・・・!!!

オラわくわくすっぞ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする