これからの企業広告はいかにスマートフォンで見てもらえるか。/Vineの可能性

どうも。

ITリテラシーが低い人でも、スマートフォンって持ってるじゃないですか。

そんで、スマートフォン持ってる人はだいたい、SNSをやったりしているじゃないですか。

企業の広告ってのは、テレビコマーシャルって言うのが王道の王道で、

それこそいかに面白い、心に残る、かを重視し、商品内容よりもCMそのものに作品性を追求している。

そして面白いと思われたCMってのは付随して世の中に拡散され、結果的に商品のPRに最適になる。

だけど、これからはテレビではなく、スマートフォンがメディア媒体の主体となっていく。

すると、これまでの作品性を追求したCMだと重く感じてしまう、そんな風に僕は考えている。

2~3分もスマートフォンでCM動画流れたらうざくない???

YOUTUBEの動画CMでさえ、長ったらしいのあると世界を終わらせたくなる気持ちになるのは僕だけですか?

アプリでCMをかき消す事は出来るけど、それを言い出すとメディアが~、とかそういう論点からずれるからさ、忘れて。

それでね、最近はVineとかInstagram動画とか、非常に短い動画の再生数が爆発的に伸びてる。

女子高生が面白い事やってみた、的な動画がVineで流れてる世の中なんですよ。

この動画が2,3分もあったら絶対に見ないし、撮る方も撮らない。

この時間設定が絶妙で短すぎず、長すぎず、といった具合になっている。

何がいいたいかっていうと、この短い動画を利用して今後は企業広告を打っていかないといけないんじゃないか?

僕は、そう考えている。世界中で僕だけはそう考えているのよ。

ネット広告はWEBの世界でそこらじゅうに張ってあるし、広告にマウスをあてると勝手に「拡大します。」的な

確認とともに動画スタート!!!とかいう、トラップ型の広告も一時期流行ったじゃない。

最近みないけど、あれ、超絶うざいからね。油断していると大音量でCM流されるからね。

その動画だって6秒くらいでちゃちゃっと終わるならいいよ?

だけど、明らかに壮大なCMを流す気まんまんでくるからさ、俺の時間を何だと思っているんだぁああ!!!

って気持ちに、あまつさえなってしまうのよ。

いや、メディア業界にいない俺がこんな話をするのはちゃんちゃらおかしいよ?

でもね、メディア業界にいないからこそ、こういった自己発信型のメディアの可能性を信じたくなるのよ。

Vineで有名になった子に、

「今度自社の新商品の6秒CMを・・・・」とか、そういったオファーが来てもおかしくないし、

つーかもうそういうの有るだろうし。

企業の広告費もどんどんSNSの方にシフトしていくだろうなぁと。

そしてそれは、非メディア業界人にとってもチャンスであるのだと、僕は言いたい訳です。

誰でもSM女王になれる日が、もうそこまで来ているんだよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする