【銘柄選定】富士紡ホールディングスってどうなのさ。

富士紡ホールディングス、この会社に出会ったきっかけは完全に忘れたけど、

紡ってつくもんだから、繊維関係?と、おもいきや稼ぎ頭は研磨材っていう会社。

もともと繊維関係で始まったけど、新規事業として非繊維事業を手掛け、そっちがうまいくいったっていう会社。

こういう会社は結構あって、社名と収益頭が合致してないっていうね。

個人的にこういうのはプラスだなぁって思っております。

というのも、本業にあぐらかいて新しい事探さずにいたら、東証一部に上場するような企業には絶対になれてないし、

新規事業の開拓分野が功を成したから、稼ぎ頭が転換している訳だし、経営手腕としては申し分ないでげすげす、っていうね。

ミクシィとかもそうだよね。

あの会社は10年前と今では、全く別の会社だからね。

SNS?なにそれ(´∀`)?とか、本気で言いそうだよ。

 

さて、富士紡HDなんだけど、日経の伸長にたいして株価がくすぶってくれている。

富士紡 株価

何か1~2月の間にとんでもない下落があるけど、何?何したの?

決算資料見る限り、普通に順調だと思うんだけれど・・・。

 

富士紡ホールディングス
PER:12.19倍
PBR:1.41倍
ROE:11.7倍
配当:1.99%

富士紡 財務

富士紡 売り上げ

2014年に落ち込みを見せるんだけど、2015年はしっかり戻してる。

2014年は研磨材事業が芳しくなく(営利で50%減程度)、株価を思いっきり下げた。

この研磨材事業がうまくいかなかった経緯までは調べてないんだけど、

これをみるといかに富士紡さんが研磨材事業に支えられているかがわかる。

富士紡 セグメント 売り上げ

セグメント 営利 富士紡

 

売り上げと営利のセグメント別利益なんだけど、

売り上げベースでは、繊維部門がトップで研磨・化学と続くけど、

営利ベースでは、研磨材部門が全体の80%以上を占め、他の部門はなくてもよくね?ってレベルでしか稼げてない。

繊維事業の利益率とか1%くらいしかないじゃないの。

なので富士紡さんは研磨材の事業がダメになると、会社全体が沈んでしまうという危うい状況にある事は間違いない。

研磨材部門としては、液晶や半導体に使われる材料なんだけど、どちらもスマートフォン市場が未だに盛んなので、

今後も引き続き利益は確保できそうではある。

しかし、シャープやらソニーやらの日本勢が液晶部門から手を引くと、

研磨材の顧客が不足するのでは?っていう気もする。

主要な取引先がわからないのでなんともいえないけど。

全体的には指数としても割安だし、配当も2.0%弱あるのは魅力的。

海外比率が低いので、円安効果は期待できないけど、今後海外進出が進めば売り上げは伸びていくだろうし、

その面では成長も期待できるのかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です