【銘柄選定】土木資材メーカーってどうなのさ

土木資材メーカーの買いいれを検討している。

前から福井県四天王企業である前田工繊については周知のとおりだけど、

前田工繊にこだわらなくてもいいんじゃないの?って神の声が聞こえまして。

はっ( ゚д゚ )!ってなりました。

やっぱ大手メーカーの子会社とかの方がいいんじゃないの?って神の声が聞こえまして。

はっ( ゚д゚ )!ってなりました。

積水化学って聞いたことある?って神の声が聞こえまして。

はっ( ゚д゚ )!ってなり、すぐに調べました。

するとどうでしょう、積水グループの建設・建築資材メーカーとして積水樹脂さんがいらっしゃるじゃないです。

積水樹脂
景観土木関連が強い土木資材メーカー。
住建関連の資材も取り扱っており、積水ハウスとのコンビネーションプレーが可能。
指数は以下に記す様に、割安傾向。
ROEは低く、成熟企業の位置づけであり、今後高い伸びは期待できない。
PER:12.16倍
PBR:0.91倍
ROE:7.9%
配当:2.1%

積水樹脂 財務

積水樹脂 売り上げ

積水樹脂

積水樹脂の財務諸表見ると、前田工繊よりも高売り上げ、高利益を上げており、

指数的にも割安であるPER:12倍、PBR:0.91倍となっていて大変お買い得感が出ている。

前田工繊は土木資材メーカーの中でも成長株の位置づけなんだけど、積水樹脂は完全に成熟企業だよね。

順調に利益推移しているし、積水グループっていうのも非常に良い。

こういうのってやっぱり、グループでコンビネーションPlay出来る企業が強いしさ。

前田工繊はまだまだ配当にお金を回さないんだけど、成熟企業の嬉しいところは配当もそれなりにあるっていうところ。

配当2.1%は正直かなり嬉しい。

長期で保有できる銘柄だし、会社としてはインフラ補修事業に参入出来るように積極的なM&Aも行っている。

リスクファクターとしては原材料高騰とか?

樹脂っていうと、原油関係に依存するけど原油はだいぶんやすくなったので逆に今は上方修正あるんじゃね?っていうね。

あと、中東情勢によっては原油の安定供給が難しくなるっていうのもあるけど、

アメリカのシェールガス革命で産油国が増えたことによってそのリスクも減っているし。

景観土木は復興事業でも積極的に使われる分野だし、しばらくは安定的な需要もある。

前田工繊は積水樹脂よりもゴリゴリの土木畑なので、分野は結構違っている。

それでも性格は似ている銘柄になるので同時保有って言うのは、リスク分散にもならないし、

限られた資産の中で運用するって事を考えると、どっちかに絞った方がいいだろうなぁ・・・。

前田工繊は我が福井県の希望の星だしなぁ・・・。

ドラえもん・・・、こんな時に君がいてくれれば・・・・・!!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする