兼業投資家って言いたいだけじゃないんだぜ・・・・?

どうも。

兼業投資家って言いたいSSTMです。

だって、投資の世界って素人の人からすると未知の世界みたいで、

「株投資とか結構好きかな~」って飲み屋の子に言うだけで、

「どっひゃ~~カッコいい!!!」って言われちゃうからね。

情弱乙!って感じで、ラインIDをゲットできちゃうんだぜ。

しかし、その子いわく

投資家=PCの前でキメ顔IT系社長っぽく取引してて超絶格好良い

らしく、実際のイメージと限りなく離れているので、ここで訂正しておこうよ。

投資家の仕事ってめちゃくちゃ地味

PCの前で板に張り付いてる投資家とか、それはデイトレーダーで大多数は最終的に死ぬ末路にいるから、

ここでは非投資家としよう。

投資にも色んな手法があるけど、基本的にはどの手法でもそれぞれの情報を元に株が「買い」か「売り」を判断する作業に勤しむだけ。

PCの前で激しい取引はしないし、株価推移をず~~っとみてるなんて事もない人が多い。

それよりも、企業から出される情報の処理に終われる感じ???

小売りだったら月次報告もあるし、決算短信、ピックアップニュース、もうほんとに一日の情報量は半端ない。

この情報を処理して株価の理論的に判断するのが投資家の仕事って感じかな?

だから、この地味な作業が好きな人は株投資の世界に向いていると思う。

数字だけじゃなく、妄想世界にも入る

そんで、数字で株価に対して根拠をつける作業以外にも、

得られている情報から、未来を予測する作業もあって、これが一番難しい。

結果論で言えばだよ、アップルよりiPhoneが初めてリリースされたときに、この媒体が日常の必需品になる!って想像出来たら、

今では億万長者になれるかもしれないしiPhoneに使われている部品は今後、他社が類似品を作る際にも必要になるから、

その分野で競争が激化するとか、そういう想像や予想をする。

僕も株を中期以上で買う場合は、その会社のサービス・商品が今後どうなるか、ってのは想像する。

けど、僕の想像なんてあたらないしね、つーか、その前に利確して日銭を稼ぐレベルの投資家です。

僕が想像するのは、高齢化社会で薬の流動性の向上が要求されるので、ドラッグストアで医薬品の販売が出来る事が武器になる。

それでクスリのアオキみたいに、薬剤師を置いて医薬品の販売・処方箋の薬が受け取れるって言うのは非常にでかい。

と、なると、薬剤師の需要がどんどん高まるとじゃない。

ドラッグストアは薬剤師を常駐させないと医薬品の販売が出来ないので。

じゃあ、薬剤師養成学校に需要が出てくるので、運営する会社を買えば・・・・、

そういう事考えてる。

実際調べてみると、薬剤師って医大系の薬学部出てないとダメみたいなので、そもそも専門学校がないっていうねw

でも、薬剤師の需要は高まるだろうから、法改正で専門学校出てくるかもって考えるとワクワクするじゃない。

しない???

ここで興奮を覚える子とは、仲良くなれそうです。

とまぁ、投資家って全然格好良くないよね。

ハイレベルな投資家になると、そりゃ世界中飛び回ったり、大企業の経営者とミーティングしたり、

格好良い事もあるんだろうけど、普通の投資家は絶対的に地味です。

あと、なぜか通常の人よりも、若干オタク属性は高め。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする