お金持ちになるには起業しかない。

どうも。

この前飲み屋の女の子に、

どんな人がタイプ???って話になったんだけど、

女の子A「絶対お金持ちがいい!!!いひひっ!」

女の子B「う~ん、安定した職業に就いてる人かなw」

女の子C「好きになった人がタイプですw」

という様な結果になりまして、

女の子C以外、男の中身をみていないというね、そういう結果になりました。

(ちなみに可愛さはC≧B>>>A なので、一番うれしい答えが聞けてよかった。)

好きなタイプって話なのに、職業とかお金って・・・、たくましいぜ!少女時代。

しかし、どのレベルのお金持ちに憧れるのかで話は全然変わってくる。

例えば有名企業に入って年収で1000万円程度あっても、手取りでは700万円くらいになると思う。

そのレベルでいいなら、優秀な男を見つけて離さないようにするって方法もある。

それはそれでふられると何も残らないってリスクもあるので、器量もないと無理だろうけどね。

そんでちゃんとしたお金持ちってなると、今の経済社会だと起業する以外にないんだよな。

他にも芸能人やプロスポーツ選手もあるけど、そういう世界でもお金もちの人はほんの一握りだしね。

生涯年収っていうと、平均的に芸能界やスポーツ界は高くないんじゃないかな?

話は戻るけど、起業せにゃお金持ちにはなれんよと。

さらに言えば起業して株式を公開するようなことになって初めて、億万長者になれるよと。

それで、女の子Aにお金持ちがいいなら起業とかしちゃう人を捕まえないとね☆って言ったら、

女の子A「え~、起業とかって何かよくわかんないし、安定してなさそうで嫌ぁ~w」

とかって言っていたので、

あぁ、この子はバカなんだなって、思いました。

玉の輿狙う様な人に、人間出来た人って少なさそうだしね。

きっと婚期が遅れ、働いていたら誰でも・・・って感じになっていくでしょう。

就活と一緒だよね。

大企業受けて、ダメだったら中小、それでもダメなら零細・・・って感じで。

需要と供給だからね、会社も人も。男と女も。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする