大阪都構想敗れる。/民主主義ではおじいちゃんには勝てない。

どうも。

大阪都構想だめだったね。

橋下氏「負けは負け」 住民投票敗戦の弁、時折笑み

橋下さんはやりきった感のある記者会見を見せてくれ、本任期を持って政治から身を引くとの事。

そうかぁ、そういう結果かぁ。

住民投票自体は、もう接戦につく接戦で、

反対:70.5万 賛成:69.4万

もうこれ、半分近い人が望んでいるのだから、

何らかの形で有る程度意思を組んであげないと、それこそ民主に反するんじゃね?ってさえ思うよね。

7eb2ecaf

こでは出口調査を元にした投票結果の年齢割合だけど、

反対多数は70代のみ。

あくまで割合なので、20代・30代とかで賛成多数でも、

そもそも有権者の絶対数でも高齢者に比べて少ないし、合わせて投票に行く人の割合も少ないので、

そりゃ、若い人の民意は反映されないって事がはっきりしたよね。

もう、年齢によって民意が反映されない国民投票や選挙は意味ないというか、

むしろ害悪だからやめようよ、って感じだよね。

これ本当どうにかしないと、民主主義って名前だけで中身は全然民意反映さえないシステムになってるよ。

そもそも、これから何十年も大阪で暮す人と、あと長くて10年しかこの世にいない人で、

どちらの意見を尊重しますか?って言われたらさ、前者じゃね?

いや、これは極論だよ。極論だけどさ、そう思っちゃうよ。

民意反映されないなら大阪出るわ、ってなっちゃうじゃんってね。

この選挙・投票システムを独自のものに改良していく自治体でてこないかな。

そしたら若い人がそういう新しい場所に集まって、何かムーブメント的なね、そういう事が起きそうじゃない。

で、ムーブメントってどういう意味???

大阪都構想が終わったか。

何かもの寂しい感じがあるな。

橋下さんが、

「今回の投票で結果どうあれ、民主主義を相当レベルアップする事が出来た。」

的な事を言っていたけどさ、

確かにそうかもしれないよね。

みんなが大阪について考える、民意を持ついい機会になったよね。

うん、なんかそういう試合に負けて勝負に勝つ的な幕引けでいいんじゃない???

とにかく、大阪のみなさん。お疲れさまでした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする