世界のお金持ちはみんな株でお金持ちになっている。/上場ゴールを目指す人達

唐突だけど、世の中のお金持ちはみんな株でお金もちになっているって知っています?

2015年 みんな大好き長者番付

1位 Bill Gates ビル・ゲイツ
2位 Carlos Slim Helu カルロス・スリム
3位 Warren Buffett ウォーレン・バフェット
4位 Amancio Ortega アマンシオ・オルテガ
5位 Larry Ellison ラリー・エリソン

ここでいう、株 っていうのは、株投資って意味合いだけじゃないので注意ね。

1位のビルゲイツはマイクロソフトを立ち上げて、世界のPCの基盤ソフトをマイクロソフトにできたことにより、

会社が安定的に収益を得られ、株式上場に伴い、創業者は持ち株によって一気に世界一のお金もちに。

基本的にみんなこのパターンで、ウォーレンバフェットは唯一投資家だけど、

このお方もバークシャ・ハサウェイって会社の株をすべて買い取り、

自分の持ち物にしたうえで、そっから経営の指揮を行い世界的な会社にまでした。

そこで、同時に株価も上昇しとんでもない資産となっている。

もともとこのバークシャ・ハサウェイって会社は綿紡績事業やっていた訳だけど、

今はその面影がなく、投資ファンドに近い会社となっている。

ようは、上がる株を買うのではなく、自分が会社を立ち上げたり、

会社の経営に参加して、会社自体の利益を底上げし、株価を上げるっていう手法でお金持ちになっている。

この株によってもたらされる利益は、雇われ社長になって貰える年俸とは比べ物にならない金額なのよ。

わりとこの事を知らない人がいるみたいで、○○会社の社長はこんなに給料もらってるのに、

なんで長者番付に入らないの?みたいな事を結構聞く。う~む、無知。

それで、なんでこんな話をするのかっていうと、

最近上場ゴールって言葉が飛び交っているから。

株やってない人でも、ニュースで東証の基準が甘いのでは?って国会で審議されているのを見たことない?

結構ニッチなニュースで国会でそういう話が出るのは意外だったけど。

ほんで、内容としては

Gumiやグノシー、エナリス、、、もかな?そういう新規勢の会社が上場した直後に経営悪化、みたいな状況が多発している。

経営悪化じゃなくても、株の新規発行による資金調達や、株主を食い物にした方法で運営資金を集めている。

もちろん、株価は大暴落している。

それで株主が被害を受けてる~的な感じかな。

まぁ、投資は自己責任だけど、

それにしても決算内容が上場直後におかしくない!?って事が起きているのが問題なのよ。

昔みたいに、上場が美徳ってよりは、自分のお金儲けのために上場する会社が多発しているのよ。

少し前のDeNAやサイバーエージェント、ライブドアってそう思うと社会的にもめちゃ優良な会社だったよな。

今でも残ってる会社だし、社会に新しいものを与え、株主にも恩恵を与えている。

まさに、株式会社の鏡だよ。ライブドアは上場廃止になっちゃったけど。

こういう上場ゴールを目指した会社が上場していくと、

新規勢の株が買えなくなるので、社会的にも損失がでかい。

お金が必要なところにお金が入らないからさ。

個人的にだけど、

株投資初心者の人はIPOっていう、新規公開株には手を出さない方がいいすね。

僕も自分ルールで10年チャートが出来てない会社は基本的に買わないようにしてます。

エナリスは、、、気の迷いでした。すいません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする