大阪都構想について思うこと

どうも。

大阪とは距離を置いているSSTMです。

こんな僕に大阪でコンサルタントなむるを営む商人、Tか原から連絡がありんした。

テーマは、「大阪都市構想について」。

27歳の僕としては好きなセクシー女優の作品等を話したいけど、

彼はコンサルタントなむるなので、そりゃもう真面目で。

「大阪以外大阪じゃないの」

とか歌っちゃうような大阪バカな彼。

それで大阪都構想について、だよね。

まずね、僕は大阪都構想には賛成!!!って言っていたのだけれど、

ぶっちゃけ何も知らずに言ってました。

カッコつけてました。

変化しようぜ、みんな・・・!!!

みたいな、そんな何もわかってないあんちゃんでした。

それで僕なりに調べてみたのよ。

主にWikipediaでね。

※たまに手コキペディアに行ったりしてね。

それで学習した僕の意見としては、

「素人が判断するのは無理。」

これね、出回っている数字じゃまずわからないんだ。

賛成派も反対派も自分に都合の良いようにしか書かないし、

ネットでは、中立な情報を見つけるのが難しすぎるんだよ。

つーか低能の代名詞の僕ではマジで理解しえないよ。

それでも、WIKIの力で大雑把にはわかった気になったぜ。

大阪都構想の大まかな目的はさ、

・ 大阪府と大阪市の二重行政を解消し、行政の無駄を無くし経済成長へ

→ 現況の大阪府と大阪市の広域行政を、大阪府に単一化する

→ 大阪市は5つの自治体(特別区)にして、住民と区長の距離を近づけ、住民サービスの向上をはかる。

こんな感じですかね。

で、

賛成派と反対派とで意見が分かれるおおまかな理由は、

賛成派:大阪の経済成長の方法が今のところ大阪都構想以外考えられない

反対派:大阪都構想のメリット部分は希望的観測が強すぎて、現実味がない

こんな感じ。

賛成派としては、大阪の二重行政を数字で立証できなかったので、

仕方なく数字のマジックで説明資料を工夫して、あたかも大阪都構想の効果が大きいように誇大広告している。

反対派はこの事を強く否定しているんだけど、別の案があるわけでなく反対だけして、現状維持を基本としてる。

まぁしかし、経済効果については希望的観測が強すぎるのはわかるな~と。

僕的には、府と市で広域行政のだぶっている部分をなくす、っていうのが一番の改善点だと思っているので、

それを解決する方法をとりましょう、って感じかなぁ。

大阪都構想って言葉だとさ、飛躍しすぎていて、住民のためなのに、住民をおいてけぼりにしてる感じがあるので。

選挙のときってだいたいがそうだけど。

もうね、普通に大阪都構想どや?

って言われても判断出来る人なんているの???

こういうわからない問題のまま住民投票するのは問題かもな~。

情報が飛び交いまくってて、正確な判断ができる状態とは思えないんだよね・・・。

中立的な立場から、様々な観点より最善策を導いてくれるのは「AI」しかないと思うので、

ここは「AI」システムが誕生するのを待ちましょう。

グーグルあたりが良い精度のものを作ってくれるよ、きっと。

もうね、自分でも何を言ってるかわからないけど、

大阪都構想、難しいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする