欧州危機山場を迎える。EUとギリシャのかけひき

どうも。

欧州危機ってよくいわれてるけど、

ものすごく簡単に言うと、ギリシャ国債のデフォルトだと僕は決めつけている。

このギリシャ国債を握りしめているのがEUの国々なので、

EUとしては、財政力の弱い国がギリシャ破たんの影響で連鎖的に破たんしないか?が問題になっている。

ギリシャは1,2年前に話題になったように、一度国際デフォルトの危機がきたけど、

EUが、

EU「お金貸してやるから、まずは財政の緊縮(節約)して収支のバランスを治そう?ねっ?」

ギリシャ「・・・!!せ、節約せなアカンのかいな・・・!!!」

という様な感じで、EUがギリシャにお金を貸す条件として、財政の健全化策の一つである財政出動の緊縮を要求している。

それが国民全体に不満をもたらしたのだ。

ギリシャ「なんで俺たちがこんな思いをしなきゃならないんだ!!!」

ギリシャ「・・・・昼寝をやめろ?殺す気か!!!」

ギリシャ「税金の計算間違えてません?」

それで最近ギリシャの選挙があって、それに当選したのが、チプラスさん。

チプラス「おいら、EUに緊縮緩和するように言ってみるお。」

国民「・・・・素敵過ぎ。」

このように、財政緊縮をやめさせる事を公約として掲げやがってさ。

そんなにギリシャの首相になりたかったの???って感じで。

そんでもって、今まさに、チプラス政権とEUの話し合いがなされている。

チプラス「お金貸してよ!!!それでいて財政緊縮もやめてもいいよね?ねっ?」

EU「ダメに決まってんだろ。」

チプラス「・・・・だけどぉぉぉ????」

EU「だけどもない。」

チプラス「このままだと5月12日返済期日の分も返せないんだけど。デフォルトしていい?」

っていう状況。

普通に考えると、ギリシャ何言ってるの?って感じだけど、

これでデフォルトされるとEU圏の被害が結構でかいからなぁ・・・。

どうか、丸く収まるように僕は祈っているぜ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする