ふるさと納税って最高じゃないか???/ふるさと納税を用いた節税方法

どうも。

もともと田舎に住んでいてふるさと納税される福井県に住んでおります。

さて、最近ふるさと納税って言葉を聞くことが増えたのではないですか?

メディアのふるさと攻撃によって、

「あの頃に戻りたい。」

「戻れないけど何かしたい。」

「お金あげたい。」

っていう方向に洗脳されてるだろうと思います。

個人的に、ふるさと納税=寄附 でちょこっと寄附金分税金が控除されるだけで、

実質は「マイナス」だと思っていました。

めんどうな手続きを行い、ふるさと納税するなんて善人しかいない、と思っていたのです。

しかし、計算してみるとだいたいの人で、寄附する金額にもよりますが、

実質「プラス」になる事もあるのでは・・・・、と思い、調べてみました。

ふるさと納税の計算方法

ふるさと納税については、2015年より納税額の限度額が上方修正された事により、

現況の計算シュミレーションサイトでは、納税限度額が小さく計算されてしまいますが、

まぁ、参考程度に一度使用してみるといいと思います。

計算シミュレーション

このサイトで源泉徴収に書かれている必要事項を入力すると、実質負担金2000円で、

いくらまでふるさと納税できるかが計算できます。

つーか、実質負担金2000円ってどういう事???って思いますよね。

これは2000円以上のふるさと納税は、すべて税金控除されるんです。

つまり、12000円の納税を行った場合、10000円分が税金控除され、実質の負担金は2000円になります。

では、100000円の納税を行っても同様なのか?と言うと違って、

税金控除が適用される限度額が年収によって違うので、(住民税・所得税の計算に影響されるため)

そういう意味で、実質の負担金が最低の2000円にあんる納税額を、ふるさと納税限度額という風に呼んでいます。

2000円は負担しないといけないんでしょ?

そう、どんなに控除されても実質負担金は2000円かかります。

なら、やっぱりふるさと納税するのは愛国者か聖職者のどちらかだよ!!!どちくしょう!

と思いますよね。

しかし、しかしですよ。

ふるさと納税をすると、地域の特産品をもらうことができるんです。

そしてこの地域の特産品が結構豪華!!!

ふるさとチョイス

このサイト見ればわかりますが、ブランド肉とかがもらえたりするんすよ!!!

みんなふるさとのため・・・、っていうより、住んだこともない地域の特産品のために納税する人も多々いるんすよ!!!

これが現実だ!!!

けど、WinWinだよね?これ。

誰も困らないし、最高の制度だよ。

もちろんフルーツもあるし、海産物もあるし、農作物もある。

このもらえる特産品は納税額によって変わり、

だいたい30000円以上じゃないと、良いやつ貰えない感じです。

それで前年度までは今よりも控除の限度額が低かったので、実質負担金が大きくなる傾向にありましたが、

2015年より控除限度額が拡大されたので、年収で300万円超えてる人は30000~50000円分のふるさと納税なら、

実質2000円で行えると思います。

ほんで2000円で豪華なお肉貰えるんだし、実質プラスになるよね、これ。

ちなみに、特産品は品切れもあるので早めの手続きがおススメです。

僕もブランド肉やら欲しいので、ふるさと納税しようかなぁ。

ふるさと納税の税金は使い方を指定できる

何か実質プラスになる事だけにウェイトをおいて話しましたけど、

このふるさと納税によって納められた税金は、

納税者が使用用途を決めることができます。

ふるさと納税の際に、使用用途を書く欄がありますので、訳のわからない事業に使われる心配はありません。

これも大きなメリットかな。

本当に地域の事を思う人は結構いらっしゃると思うので、

○○公園の桜並木を大切にしていきたいので、そこの整備費の足しにしてほしい、とか。

そういう思いってありません?

生まれ育った場所を守っていくためのお金になるのであれば、それって最高のお金の使い方じゃないですかね。

そんでもって、おまけに特産品も貰えるし・・・・・・・・・・・、

やっぱふるさと納税いいわぁ~。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする