【銘柄選定】ショーボンドホールディングス/株投資を用いた資産運用

建設業の最終防衛ライン、ショーボンドホールディングス。

むっち無知の素人から、建設業で長期保有したいんだだけど、おススメは?って聞かれたら、

迷わず僕は、ショーボンドなホールディングスだね、って言うよ。

それくらいこの会社の懐は健全で将来的な安定もある。

ショーボンドホールディングスについて

ショーボンドホールディングスは建設業の中でも、

「つくる」のではなく、「治す」専門の会社であり、

主に、「コンクリート構造物の総合メンテナンス企業」として道路、鉄道、電力、港湾、建物等の社会インフラ分野を中心に補修・補強等を行っている。

今の日本は高度経済成長期のインフラの更新期が近づいており、

ショーボンドホールディングスの期待は年々高まっている、って訳なのさ。

実際にはこれまで維持・補修分野やってこなかった企業等々も乗り出してきて、

採算悪化につながってしまうだろうけど。

それでも、土木の分野は特に経験が重要になる分野なので、一朝一夕で利益あげられる分野じゃないし、

その他建設業の方々はそんな体力もないので、そこまで血みどろの戦いにはならないだろうけど。

ショーボンドHD 株価

ショーボンドHD三カ月チャート

ファンダメンタル指数

それではファンダメンタルな指数を見てみようよ。

PER:27.34倍

PBR:2.43倍

ROE:9.6%

自己資本比率:80.9%

ショーボンド 売り上げ

(単位:百万円)

ショーボンド PER

ROE=9.0%で計算

まず、自己資本比率80.9%って高すぎるだろ!!!

建設業でこの高さは異常だよ。

建設業って機械やらなんやらお金がかかるからね。業界的には低い傾向にあるんだけど。

自己資本比率が高いに越したことないから、最高ですけどね。

あと、利益率も高くて10.6%程度。

これ、他のゼネコンと比較するととんでもなく高い。

(他のゼネコンだと1%程度のところもざらにある。)

利益率高いのは、まだまだ競争率も高くない証拠か。

株価の割安水準は、

業界平均PERを15倍程度とするなら、割安水準には2024年頃か・・・。

ショーボンドは一気に景気が悪くなるような会社ではないと思うので、

ROE=9.0%で少しずつ成長していけるんじゃないだろうか。

いいなぁ、ショーボンド先生。

ショーボンドは昔株価が2000円切ってる頃に大量に保有していた事があって、

今思うと、そのまま握りしめていればよかったんだね。

次は、あたい、はなさいでおくよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする