【雑記】大阪の商人高原との会合/大阪旅行記(後篇)

地球上に生息する生命体の中で一体どれだけの人間が僕の旅行記なんて楽しみにしているかわかりませんが。

前回の記事の続き~

【雑記】大阪の商人高原との会合/大阪旅行記(前篇)

飲み代だけは死守したい僕らは結構なかなかに美味しい串カツ屋さんを後にした。

大阪の街は福井県とは比較にならないほどの知的生命体でうごめいていて、

一体ここでGANTZが始まったらどうなるんや!!!わいの手柄はどうなるんや!!!

と、結構中二な妄想をしていたら、次の目的地に着きました。

REQUESTAGE13

リクエステージ

大阪で流れているFM802主催のライブ!!!

登場メンバーには僕の好きな

きゃりーぱみゅぱみゅやアジアンカンフージェネレーションが出る!!!

このサプライズは非常に嬉しかったぜ!しかも高原のおごり!!!

着く直前まで何があるのか、何をするのか教えてもらえず、

行き先があまりに遠くて、腰が悪い僕は何度も休憩し、ライブ開始ぎりぎりの到着になり、

結構高原をイラつかせましたが。

そもそも、僕の腰の痛さが尋常じゃない感じが伝わったのか、そもそもこいつライブ大丈夫?

みたいな、いつサプライズを伝えようか、そんな空気でした。

僕「ねぇ、たつぼう。この大阪城公園では何があるの?寝れる?はやく腰をいたわりたいよ。」

高原「まぁね。」

高原「・・・・・・腰は砕け散るかな。」

腰だけじゃなく、全体的に体調が悪く、喉なんて血唾が出るくらい痛い状況でしたが、

キャリーの可愛さに興奮し、すべてを吐き出し血唾が前の人にかかったのでは?と途中から心配してました。

このライブで音楽っていいなぁって事を改めて再認識しました。

どんな生活になっても、音楽だけは傍に会ってほしいです、音楽って本当素敵ね☆

にしても、大阪とか都市部のいいところはしょっちゅうライブやってるところだよなー。

田舎では、「誰??」って人のライブしかないし。

町興しの一環みたいなライブだと、のれないよね。わかって、上級階層の人たち。

ライブが夜に終わって、高原宅の近くのイタリアンで夜ごはんを食べ、その日は終焉を迎えました。

大阪旅行最終日

初日は高原宅に泊めてもらい、

次の日はいよいよ、大阪旅行最終日。

高原はずっと寝てました。

15時の電車で帰るのですが、高原は基本寝てました。

高原宅でドラえもんの映画を二本も見ちゃいました、僕。

その間高原は寝てました。

友達が福井から遊びに来ているのに堂々と寝れるどころがさすがです。

大阪で見るドラえもんの映画は格別で、マジで超面白かった。

大阪旅行で何が一番面白かったって、このドラえもんの映画かもしれない。

ドラえもんのびたの大魔境に出てくるブルータス?みたいな仲間がチートみたいな強さでさ。

映画の内容もさることながら、友達と自然体で見る映画とかって面白いよね。

もっと近くに住んでいたら、もう少し頻繁に会って、映画見たり飯行ったりできるんでしょうね。

サラリーマンの辛いところは、みんな働く場所に拘束されるってとこですかね。

それがフリーになって、どこでも働けたらすごく人生が素敵になるよね。ほんとに。

今回の大阪旅行でその思いがより一層強くなりましたとさ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする