Sell in May, and go away; don’t come back until St Leger day. /セールインメイを信じて止まない僕。

Sell in May, and go away; don’t come back until St Leger day.

これは、先人たちの教えの一つで、

「五月に売り抜けて、9月の第二土曜日まで戻ってくるな!!!」

という、ダイイング・メッセージです。

なぜ五月なのか???

という点について、科学的な根拠はないのですが、

先人たちの経験の積み重ねでしょう。

5月から9月まではやられやすい、ってね。

一応アメリカでは5月から夏季休暇&ファンドの決算期になるので、

市場参加者が減ることや、決算の焦り売りがでるから、って言われてますが、実際はよくわかりません。

日本としてもGWなので連休前に株の嫌な話を片付けておき、

GW中だけは平穏と暮らしたい、という切実な願いから生まれているのでしょう。

僕がクスリのアオキを焦って売ったのもこれがあるんです。ええ、実は。

ジブリを放送する金曜ロードショーの日には気をつけろとか、

色んな言い伝えがありますが、その一つ一つを忠実に守り、

常に自分が市場から生かされている、という認識を持つことが重要なのです。

しかしながら、今の日本にはこのセールインメイをなぎ払う黒田日銀総裁提督がいます。

その気になれば、100倍かめはめ波をぶっぱなす事が出来る黒田総裁。

今年はセールインメイを実感する事はないかもしれないなって、

今頃になって気付きました。

0423 日経

さて、どこまで行くのか・・・・。

はやく日刊現代あたりで、

「日経平均株価3万円目前!!」とか煽ってくれないかなぁ・・・。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする