トルコリラの下落の要因の一つは原油価格の上昇か?/トルコリラを用いた資産運用

原油さんは絶好調

どうも。

トルコリラは44.0円の壁は死守してくれたみたいですね。

トルコアイスおじさんとは裏腹に絶好調の原油さんの様子を見てみましょう。

gennyu 0416

6ヶ月チャートで、かなり戻り盤面になっていると思いません???

56.0ドルとか超久しぶりですよ。

ロシアのルーブルもこれを要因に戻し始めてるし。

原油は異常なまでに売られていたので、このまま一気に戻す!!!って事はないでしょうけど、

50切る事はもうないかなぁ。

この前、株を買いそびれた人は原油買おう!って記事かいたけど、そのときがラストの買い場だったのか?

日経二万円に乗り遅れた人たちは原油を買おうよ。

 

トルコと原油の関係

さて、トルコと原油の関係と言うと、

トルコは原油を輸入している国なので単純に原油下落による恩恵を受けていました。

だって、トルコリラは安くなっていくので、どうしても輸入費の増加は止まりません。

そんな中表沙汰にならずに済んだのは原油がそれ以上に下落していたからなんです。

これが、今回のトルコリラ安、を引き起こしている主因ではないと思うけど、

色んな事が重なり今回のトルコリラ安がお起きていると思うので、その一つかなーーっと。

今はアメリカのドルも199.0円まで売られているので、

外貨に対して円高方向なのは間違いないです。

アメリカはドル高を嫌っているので、どうなることやら。

まぁ、僕はドル買うけどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です