空き家率は絶好調!!!/行政の本格的な支援制度を待っています。

空き家率が10%以上の日本国

空き家ってしってますか?

誰も住んでいない家の事です。

この空き家さんがもう高度経済成長期からずっと増え続けているみたいです。

そりゃ、古い家よりも新しい家に住みたいもんね、そんなの当たり前だよね。

さて、こちらが空き家率になります。

yo_01

総務省の統計局が出しているグラフがこちらです。おそらくエクセルで作ってくれたものでしょう。

縦軸を二つ表記にすると、一気にエクセルを使いこなしている感じがして達観者になれますよね。

問題は空き家率、H25年で総住宅数に対して13.5%もあるんです。一割ですよ、一割。

10軒家があったら、1軒以上は空き家って事になる。

それでいて、住む場所に困っている人がいる。

まぁ、日本で中古よりも新築が好まれる理由としては以下の感じだろうな。

日本は地震大国なので、家に対する要求が多い

日本人が新しいもの好き、という事もありますが、

一つ問題としてあるのが、

日本は地震大国なので、相応の耐震性が求められます。

古い家だと、見た感じ不安になるじゃないですか。

中身は新品でも、外観が古いとどうしても不安になるじゃないですか。

新しい見た目が頑丈そうなものを選んでしまうのが心情ですよ。

世間体を気にしている生きている

知人友人に言われるわけですよ、

「1500万円の中古!?大丈夫それ?私なら絶対嫌だわ。」

「中古てwwww」

「中古~からのぉぉ~~・・・!?」

「ないわ。」

って。

中古住宅を買うって選択は世間体的にも難しい。

実際、僕は誰にも言えていない。

中古の車を買っただけで可哀想な人扱いされる始末なので。

空き家率上昇にみる政府の対応

自治体に空き家バンクなるものを作らせ、

需要と供給がうまいこといくように施すよう指示していますが、

実際ほとんど機能してないでしょうね。

僕としては、政府がもっと空き家率軽減のためにお金を使ってくれるようになれば・・・と、

考えております。

ほら、昔エコカー補助金ってあったじゃないですか。

あれって、適合した車を買う際に10万円程度の助成がでるんですけど、

100万円の車の10万円っていうと、一割ですよね、そう一割負担ですよ。

もう、めちゃくちゃ無理やりですけど、空き家を買って住んでくれたら1割負担!!!

とか、打ち出してくんないかな。

まぁ、住宅メーカーからのアホみたいなバッシングがあるから無理か・・・。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする