goosehouseが素敵すぎる。/YOUTUBE時代の発信方法

goosehouseでスチャダラパーの名曲、今夜はブギーバック

もう、最高ですね。

ダンスフロアとか行った事ないけどさ。

あの頃の僕らと言ったら、いつもこんな調子だった心のベスト10第一位は、こんな曲だった。って部分が好きすぎて辛いです。

本家もいいけど、こうやって色々とアレンジされるのもおいらは好きです。

だって大好きな食べ物も食べ続けると飽きるでしょ?だから味付け帰るのと一緒だって。

アンチカバー勢もいるけど、個人的には全然オーライ!って感じ。

goosehouseの人たちはみんな人生楽しそう

What’s Goose house

シンガーソングライターが集いオンガクを奏でる家、Goose house。
ひとつひとつは、まだちっぽけな音だけれど、
重なり合い、紡ぎ合い、やがてひとつの暖かい音になり、
この都会の片隅の小さな部屋から、世界中の街へ拡がりつつある。

10年前には考えられなかった。それが「今」という時代。
オンガクを取り巻く環境は、明るい話ばかりじゃないけど、
オンガクの力は、変わらなくヒトを包んでくれる。

オンガクの「今」を、全身で楽しみたい。
オンガクの「これから」を、この目で確かめたい。

Gooseたちはそれぞれの小さな翼を広げ、
小さな翼ひとつではたどり着けない、新しい時代を見ようとしている。

いいねぇ、こういうの。

この人たちはプロとしてやってる人たちだけど、

アマチュアとしてもYOUTUBEを利用して、こうやって音楽動画配信できるってすげぇなぁ。

僕もこういうの誰かとやってみたいなぁ。

普通にサラリーマンやりながら、こうやって集まって動画とれたら楽しそうじゃない???

そりゃ、時間的な制約で練習も大変だけど、やっぱり楽しそうなのよね。

いいなぁ、音楽って。

去年は仕事の関係でサマソニに行けなかったので、今年こそは行きたいけど、

行けなそうです。仕事のせいで。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする