今日はアメリカの雇用統計発表日!!!仕込むなら今日!!!

ども。

今日はアメリカの雇用統計ですね。

アメリカンな雇用統計は、5つ✩の重要経済指標として、

株価、為替にとてつもない影響力を持っています。

雇用統計が良好→景気が好循環

雇用統計が不良→景気が悪循環

こんな感じで捉えられます。

しかし、注意が必要なのは、

日銀やFRB等の中央機関が量的緩和等の経済政策をしている場合などは、

指標が悪いと、緩和のトリガーになるのでは?という思惑から、統計結果が悪くても株価が上がることもあるので、

そこが株の難しいところであり、面白いところでもある。

経済は感情で動くっていうことを、僕は陶酔しているので、そこらへんは察してください。

さて、今回の指標はどうなるか。

毎週の少年ジャンプの様に楽しみにしている僕です。

事前の民間団体の予想では、

本雇用統計は市場予想を下回るだろうと予測しています。(所謂、ADP雇用統計)

基本このADP雇用統計とおりに事が運ぶのですが、(外れたら何なめた仕事してんの?ってなるし)

ポイントは、ADP雇用統計の予想を超えるかどうか。

今のドル売り方向はADP雇用統計の結果によるものです。

この結果を超える事があれば、為替はドル高にふれるでしょうね。

逆にADP雇用統計よりも悪いと、利上げが先延ばしになるのでは?って事で円高方向にいくだろうし。

トルコリラ保有の僕としては、悪い方が嬉しいのだが、

どちらに転んでも利益とれるように今の119円代でドル保有するのもいいかもな。

どうせ材料なくても120円には向かうだろうし。

資産運用とはとても言えないようなレベルだけど、いいじゃない。それでも。

なんにしても今日の夜に答えが出るじゃないの。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です