江守商事が何やら大変な事になっている。/株投資のリスク

江守ショック

福井県を代表する会社である江守商事HDが大変な事になっている。

SBI証券(旧SBIイー・トレード証券)-オンライントレードで株式・投資信託・債券を-

今回の江守ショックを簡単に説明すると、

江守商事は中国での化学製品販売に成功して成り上がった商社なんだけど、

成長を先走ってか、アホみたいな売掛金が発生していた。

※売掛金:精算が済んでない案件。最悪貰えない可能性もあるけど、売上には計上する。

そんで各方面から「粉飾じゃねwww」って言われたいたんだけど、

なんとなんと、中国での事業はほとんどがうまくいっておらず、

売ったはいいものの、貸倒れがこれまたアホみたいに発生してしまい、

不良債権が462億円程発生し、総資産を超えてしまい債務超過になってしまいました。

という報告を今、株主に向けて発表したところです。

債務超過って、銀行やらの融資ないと資金ショートで倒産ですからね。

状況としてはかなりまずい状況です。

株投資のリスク

株投資の最大のリスクは上場廃止による紙切れ化です。

信用取引してなければ、借金こそは発生しませんが、資産価値ゼロになってしまうのはきつすぎます。

これが株の恐ろしさでもあって、単純に上記の財務諸表しかみてないと、

「結構順調じゃ~~ん、江守商事いいかも。」って思っちゃうのよ、粉飾前に開示されてるものでね。

決算書までちゃんと読み進めれば、

売上は伸びてるけど、一緒に売掛金も伸びているので、

商品代金の回収に手間取っている事がわかるはず。

問題はこれが、東証一部の会社で起こったって事かなぁ。

証券取引所の中でも一番上場基準が厳しい場所でこういう事があると、

やっぱちゃんと企業診断しないと、恐いです。

会社のIR(決算情報)を鵜呑みには出来ないので。

エナリスも含め、こういう事あると投資信託やらに逃げ込みたくなる気持ちが溢れかえるよ。

話は変わるけど、

福井県民として江守ショックはショックだなぁ・・・。

江守商事は海外収益が8割くらいの会社だけど、福井銀行やらは株もってるだろうし、

その他諸々で被害ある会社も多数あるだろうしさ。

残念な気持ちでいっぱいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする