貰ったら倍返しだ!!!/ホワイトデーのお返し

どうも。

今年はバレンタイン、ホワイトデーともに休日であり、

バレンタインもまさか13日に渡してくる人はいないだろうと思っていたけど、

うちの会社では普通に13日がバレンタインだった。

社交辞令的に毎年貰えるけど、今年はそこそこのサイズのやつをもらったので

お返しが大変だなぁ~と一ヶ月前に思ってました。

僕の会社は、自分の身の回り界隈の人でもらった人を調べ、

連合でお返しするのがだいたいのしきたりだ。

面倒なのが、オートマティックにみんながみんなもらってるわけではない事だ。

普通に好意的な人にしかあげないので、(普通っちゃあ普通だけど)

もちろん、界隈の人でも貰ってない人はごまんといる。

そのため、おおっぴろげにホワイトデー大作戦を決行する事ができず、

ミッションインポッシブルな感じでお返しする。

さて、毎年お返しの予算は日本社会の通例に従い、

「もらった金額×2=お返し品」

という方程式を利用させてもらっているのだが、

もらった金額が少なく見積もっても500円くらいの物なので、

ひとりあたり、1000円のお返しになる。

さらに、連合の仲間が7名なので、予算は7000円なのだ。

ここで、

「もうバラバラにお返ししません?」というと、

「1000円のお返しを7個もらうよりも、7000円のお返しを一つもらった方が嬉しいはず」

という、妙に納得してしまう意見が多数を占めたので、

僕が7000円のお返しを買いに行くことになった。

問題は、何を送るかだが、

「そこは、任せる。」

との事だ。すげぇ、何を買ってきても怒られそうだ。

さらに、目上の方が同様の金額でお返しをさらに一つ買ってきて欲しいとのことで、

7000円×2のお返しを用意することになった。

近所の総合スーパーではマックスでも2000円くらいのお菓子くらいしかなく、

このインフレ時代に、世の中まだまだデフレだなぁ~と思いつつ、

僕は有給を使って、少し遠くまで買いに行く羽目なった。

有給と言っても、仕事はあるので休日に出てやることになるので、多少というか、

非常にイライラしている。

こういう訳のわからないことに付き合っていると、

日本社会にただひたすらに嫌気がさしてくるが、

まぁ、そういうものだと腹をくくり、買い出しに出てこよう。

ついでに送別会で送る記念品も合わせて見てこよう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. より:

    結局何を買ったの??