最近のゲームは作品性がない/パズル&ドラゴン3400万DL達成!

据置機の衰退

どうも。

スマフォゲームは無課金派のSSTMです。

ただ単にお金はないっていうのもそうなんですが、ああいうのは課金し出すと止まらないし。

さてさて、最近のゲームっていうとパズドラを筆頭に媒体がスマートフォンに移行し、

据置き系のゲームが衰退産業へと追いやられている。

その象徴が任天堂だ。

SBI証券(旧SBIイー・トレード証券)-オンライントレードで株式・投資信託・債券を-

2011年を皮切りに、連続赤字を叩き込んだ。

2015年は盛り返し、黒字化&業績情報修正で株価は以前の水準に戻っている。

今のゲームには作品性がない

なんでこんな話をしているのかと言うと、

今DeNAでFFレコードキーパーって出てるじゃない?

images (4)

これはファイナルファンタジー歴代の主人公たちと一緒に冒険する、ってゲームなんだけど、

このCMを見たときにふと思ったのよね。

「昔のゲームは作品性が高かったなぁ」って。

今のスマートフォンでのゲームはゲーム性は高いけど、作品性?っていうのかな、

うまく表現できないんだけど、一つのドラマって感じだったじゃないすか。

最近のゲームは、どれだけうまく稼げるか、課金させることができるか、っていう

「稼ぐ」っていうことが前面にあって、そのせいで何かゲームに入り込めないんですよ。

ゲームに「お金」っていう概念を付加しちゃって、ゲームのイメージが変わってしまった。

任天堂が課金制のゲームを断固として出さないのは、

今言うように、ゲームをお金を稼ぐための道具にしたくないからでは?って考えている。

ゲームを売ってお金を稼ぐのがゲーム屋の本業だけどさ、

ユーザーに楽しんでもらいたい一心でものづくりをして、自然と利益がついてくる、

そんな循環であってほしいなぁ。

じゃないと、本当に楽しいゲームなんて出来ないって思いたいし。

パズドラは課金ゲーだけど、無課金でもかなり部分で遊べるようにしてくれている。

そういった配慮がゲーム運営に現れ、結果としてみんなから愛されるゲームになっていったんじゃないかなぁ。

今ではパズドラ3400万DLだってさ。

果てしないね。

top

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする