会社に何を求めるのか。/ゆとり世代の主張

会社に何を求めるか

今日も今日とて、社畜なSSTMです。

こんな株のことばっか考えている僕ですが、本業はサラリーマンなので頭の中には常に仕事の事があります。

今の会社に入ってから早いもので二年が経ちます。

業種内容は土木系の設計業務です。

僕が常々思うことは、

今の組織にいて、今の仕事をしていて 成長 できるか。

これに尽きます。

成長できないリスク

僕が一番恐いのは、誰でも出来ることを永遠と続け、

仕事内容も変わらずにルーティンで作業が進んでいき、最終的に思考停止に陥る事です。

成長できない事をやっていても時間の無駄なんです。

将来的にもその仕事がある前提で、年齢に相応しい報酬をもらうには、相応の仕事をする必要があるからです。

まるで

恩師が久しぶりに教え子を見たときの感想が「まるで成長してない」

だったら軽く死ねちゃうよ。

ド三流でもキャリアプランは重要

組織の中にいる限り、周りの環境はとても重要で、

自分に回ってくる仕事の采配を自分でする事はできません。

従って上司によってはクソみたいな仕事しかさせてもらえず、また育てる気のない場合も

同様に成長しづらい状況になります。

これが前の会社を辞めた一番の理由です。

年収換算だと(自給換算だと差はないけど)100万円以上下がりましたが、

今の会社の方が組織形態しっかりしていて、多少なりにOJT的な制度もあり、

以前の会社よりは育ててもらえる環境にあります。

育ててもらいたいとか、完全にゆとり世代の考え方なんでしょうけど。

前の会社の上司は本当に厳しく、そして冷たい人だったなぁ・・・w

僕以外の若い子は速攻で辞めていく環境で、僕が残留したことにより、

僕の下に後輩が着ける形になり、若い子が育つ環境が構築されて若い子が少し増えた、って感じでした。

(そんな僕も転職する事になったんですが・・・)

後輩にも恵まれて、それなりに給料もよかったんですが、自分のキャリアプラン(大袈裟だけどw)の方がやっぱり大事で。

そう、キャリアプランってめちゃ大事なんだよ。

はぁ?てめぇみたいなクソド三流にキャリアもなにもねぇよ!

って?

確かにそうだけど、今の仕事が将来の仕事にも影響を与えることは確かなので、

やっぱりキャリア(経歴)は重要だと思います。

はぁ、本当は土木なんて好きでもないけど、土木でしか生きていけないからなぁ・・・。

頑張らないといけないっすな~・・・。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする