僕の休日/地方部の生活費等について

今日は会社が休みなので、近くのマックでどやってる。

田舎のマックの朝は空いているので最高だ。

もしかしたら居間は都市部の方でも空いてしまっているのか?

時代の流れは恐ろしいものだ。

僕が子供のころはハンバーガーがずっと半額ってやつで、学校帰りにマック食べたりしてた。

あの頃はマックがこんなにも追い込まれるとは思ってもいなかったな。

さて、今日は田舎の生活事情について書くか。

僕はかつてから、田舎と都市部での生涯生活費を懸念していたのだ。

詳細な部分までは書かないので、おおまかな部分で

田舎の人は共感して欲しいし、都市部の人はへぇ~って思って欲しい。

お金のことはLIFEにとって非常に重要だ。

(LIFEって書くと何か格好いいよね。)

①住居費

田舎の場合の住居費は、

賃貸で 2~3LDKで5.0万円の物件が普通にある。

立地としては、田舎の場合あまり重要ではなく、どこにいても車が必要になるので、

選択としては、職場や学校にいかに近いか?が重要視される。

住居費の面では都市部に比べてやはり安いと思う。

持ち家の場合、

新築 3LDK 建築面積100㎡ 敷地面積 150㎡ で約2000~2500万円程度(土地込み)

中古だと同様の条件で築年数にもよるけど、800万円程度からある。

坪単価で考えると圧倒的に地方に部がある。

庭付きの一軒家という意味では、地方部がお勧め。

仕事で場所を選ばないのであれば、なおさらだ。

②年収

年収では都市部に比べて100~150万円程度安い感じ。

20代 300~350万円

30代 350~400万円

40代 400~450万円

40代が給料のピークである場合が多い。

まぁ、これはある程度の会社に入社した場合なので、

下を見ても上を見てもきりがないが。

お金欲しい!って感じなら都市部で大企業に入ったほうがいいと思いやす。

(大企業って言っても、知名度的なやつじゃなくて平均年収調べてからじゃないと後悔するよ。)

③生活費

生活費の中の、生活必需品の値段はあまり差がないように思う。

外食費としては、都市部のほうが安い。

地方部のランチは1000円がデフォルトだ。

東京に遊びに行ったときに、500円とかでランチがあるのを見て、

めんたまが飛び出しそうになった。

しかし、地方部では飲みに出る機会は圧倒的に減り、仲間内では宅飲みが常習している。

良い悪いではなく、車社会の地方では飲みに出る機会はおのずと少ないので、

飲み費は極端に減る。

以前の僕の会社は、全国区だったこともあり、都市部勤務から福井に戻ると、

飲み会の回数が少ないことにUターン社員は驚いていた。

あと、遊ぶ場所が少ないのでおのずと娯楽費は減る。

デートとかも、ドライブで海やら山やらとかが多い。

総合的に見てだけど、やはり住居費だと思う。

地方部は車がないと不便なので、車の維持費を考えると

住居費の面でもとんとんだと思う。

したがって、都市部だとお金がかかる~っていうのは誤認で、

地方でも都市部でもあまり大差ないと思う。

しかし、家を買うって行為については、地方部に部があるので、

庭付きの家っていうと、地方がお勧めだ。

かくいう僕もこの点のみで、地方がいいなぁって思っている。

あとは人口密度か。

僕は人ごみがだめなので。

家は小さくてもいいが、庭があって自然あふれる場所で生きていたいっていうのが、

僕の理想的な生活なのだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする