クラウドソーシングやってますか?クラウドソーシングの可能性/ランサーズ

クラウドソーシングとは

クラウドソーシングやってます?

クラウドワークスとか、ランサーズとかが有名ですけど。

※クラウドソーシングとは、インターネットを経由して仕事の依頼・請負を行うサービスであり、近年急速に発展している分野

lancers

僕はランサーズに登録しております。

これは、「お金目当て」という訳ではなく、仕事の少ない地方でもインターネットが繋がれば生計が立つのか?を実証したい、という思いで始めました。

クラウドソーシングで食っていけるか

結論としては、「難しい」でしょうね。

これについて少し掘り下げて説明していきます。

まず、クラウドソーシングで請け負う仕事は大きく以下に分けられます。

  1. IT/プログラミング関係
  2. IT/WEB構築関係
  3. デザイン/WEbデザイン関係
  4. デザイン/ロゴ・イラスト関係
  5. タスク/ブログ記事・レビュー記事関係

この中で一般人が挑戦出来るのは、4、5のデザインとブログ記事くらいで、

上記に挙げた項目を業務とする会社で経験を積んでいないと、

請負は難しいでしょう。

デザインもAdobe社のイラストレーターソフトを持っていないと、納品ファイルがAiファイル(イラストレーター形式)なので、

ソフトを持っていることが前提になります。(ソフト価格は高額で現在は2000円/月程度です。)

4. デザイン/ロゴ・イラスト関係 は、コンペ式の発注形態になり、

成果品を出し合って、発注者が決定を行うというものです。

従って、選ばれなければ時間の無駄になります。(当たり前ですけど・・・。)

単価は、ぴんきりですが平均して一つの物件で成果報酬が5.0万円程度。

内容はこれもぴんきりですが、起業ロゴの提案、キャラクターイラストの提案等です。

普段から業務として取り組んでいられるなら早いでしょうが、慣れてない人だと数時間は最低でもかかる内容ですかね。

ちなみに私はただいまイラレ・フォトショ絶賛勉強ですが、一つの物件に対して3時間程度かかってますね。

そして、一度も採用されたことはないです・・・。

これは実力の世界ですけど、やはりプロは強いです。(サイトのプロフィール欄でフリーランスやってますとか、過去の実績等出してる人多数)

一般人が出来るのは、結果としては 5. タスク/ブログ記事・レビュー記事関係 のみだと思います。

これは、平均単価として 500文字(入力文字数)=100円 程度だと思ってください。

例えば、「車の買取査定の記事について、500文字以上で書いてください」 報酬:100円

みたいな感じです。タイピング早くて文章構築早くても10分程度はかかるでしょうし、

なんだかんだ自給換算で400円くらいだと思います。

だとすると、自給400円で生活するのは至難ですから、生計は立て辛いなぁと。

まぁ、これは生活水準によりますけど。

Bライフ(これはとあるブログで作られた造語ですが)レベルだと、余裕のよっちゃんで生きていけますが、

常識的な生活水準だと難しいでしょうね。

※Bライフ:原始的な生活、良く言えばナチュラルな生活で生活費を抑えた生活スタイル

クラウドソーシングのすすめ

サラリーマンの小遣い稼ぎや、小さいお子さんのいる主婦さんなんかは非常にオススメです。

ブログ記事書いて、自給400円稼げれば、サラリーマンが毎日帰ってきて1時間だけ仕事して、

一ヶ月で、12,000円のお小遣いになります。(せちがれぇ)

後はデザイン関係得意な人もオススメですね。

これは、時間対効果が高くなる可能性高いですし、何より自由に仕事出来ますしね。

百聞は一見にしかず。

まずは、サイトの登録から始めましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする